1F フロアー
ミニラボ・精米機・工作機械。スキャナ等の精度利の高い内部機構品や、外装カバー。ゴミ箱。店舗什器の設計から板金。塗装・組み立て・出荷までの一貫生産体制が整っており、一連の工程のすべてを自社で行うからこそ製品には絶対の自信があります。また、自社開発製品にも力を入れ、多彩な分野の製品開発に取り組んでいます。


シャーリング 工程
材料を加工しやすい大きさにカットします。



パンチ・レーザー加工 工程

設計図を元にコンピューターに入力された、データから材料を自動的に切削加工します。
最新鋭の機械ではパンチング(穴あけ)・タッピンク゜・レーザー切断・材料の運搬からストックまで一台でこなします



レベリング 工程
切削された材料は熱や圧力で歪みが生じます。それを当社独自の技術でミクロン単位で平面化します。



プレス加工 工程
材料を指定された角度で曲げて行く工程です。
油圧制御と電子制御のプレスマシーンが有ります。



溶接 工程  
予備加工が終わった部品を溶接して立体に組み立てる工程です。

アルゴン溶接
CO2溶接機があります。
スタッド溶接

固定用のビスを板に溶接します。
スポット溶接

板と板を上下の電極でスポット溶接します
また、溶接ロボットも導入し作業効率を高めています。



研磨 工程
組立が完了した製品を研磨して精度を高めます。この工程で仕上げの塗装の出来上がりが決まってしまうのでとても大事な工程です。



焼付塗装 工程
組立が完了した製品を焼付け塗装して完成製品にします。



2F フロアー
工場内は、基本である整理・整頓・清掃に加え、スピードを心がけた社員たちが、製品やサービスの品質向上に向けて日々の努力を積んでおります。
優れた独自の技術と、尾高工作所の「モノづくり」に対する熱い思いから生まれる製品が様々な高精度の機器の内側に組み込まれています。
繊細な部分を支える重役であるゆえ、製品作りに一切の妥協はありません。


組立作業 工程
塗装が完了した製品を最終完成品に組み立てます。



検品検査作業 工程
組立が完成した製品を設計仕様に基づいて検品検査を行います。お客様に安心して頂ける製品をお届けするために欠かす事の出来ない工程です。



梱包・発送 工程
検品検査が完了した製品を丁寧に梱包して、お客様にお届けします。



Copyright (C) 2009 Otaka Construction company. All Rights Reserved.